2014年10月25日

楽しい優待生活

今ではメジャーになった、株式優待。
私も株を始めて10年ほどになりますが、株式優待を楽しんでいる一人です。

始めたばかりのころは、今ほど株式優待も話題ではなく、私も知りませんでした。
ただ、自分の資産を増やしたくて、何かに投資をしたいな。と考えており、いろいろ調べていたのですが、その時に出会ったのが「株」でした。

それまでは、「株」といえば、お金持ちが持つものと思っていました。
そして自分には縁がないものだろうと思っていました。
しかし、ネットで売買取引ができるというのを知り、とても興味を持ちました。

今までは、株を保有したかったら証券会社に出向いたり電話して注文しないと、株の保有ができませんでした。
しかも、ネットに比べると、手数料もとても高いのです。

でもネットだったら、取引時間内だったら自分の好きなようにトレードできます。
株への興味もあり、始めて見ることにしました。

いろんな本を読みましたが、そこで「株主優待」という制度を初めて知りました。
その会社に投資している株主だけに与えられる、会社からの感謝を込めた贈り物のようなものです。
毎年、株主優待のカタログ本が出るのですが、いろんな会社がいろんなものをあつかっており
見るだけでもとても楽しいです。
株主優待だけの限定商品なんかもあり、まさにプレミアものといった商品もちらほらあったりします。

私は今、30ほどの株を保有しているのですが、全てが株主優待がついている株ではありません。
本当にその会社の成長を期待して保有している株もあるのですが、多くは株主優待か、配当金が付いてくる株です。
なので、しょっちゅう優待品が家に届けられます。
そのたびに「今日はどこからかな??」すごくワクワクします。

保有している株は、ありがたいことに、ほとんどが含み益が出ているのですが、それにプラスこんな嬉しい贈り物が届くので、すごく得をした気分になります。
たとえ、保有している株が損をしている状態でも、そのまま保有していると会社がつぶれない限りは
優待は贈られてきますので、よっぽどのことがない限りは保有しています。

でも明らかに、大きく利益を出した時は、いったん売って、また株価が下がって落ち着いた時を見計らって、また買い戻します。
この前も、このやり方で大きく儲かりました。

あと、株の利益をいくらか使って毎年旅行に行くのですが、ちょっとした贅沢旅行ができるのでとてもリッチな気分で旅行を楽しむことができます。
今年は海外に行くつもりです。
皆さんにも、ぜひおすすめな投資方法です。
posted by かーぶ at 14:24| Comment(0) | 株の体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デイトレの失敗談

今は株式トレードといえば、思いつくのがデイトレですね。
私も資産を増やしたくて、10年ほど前から株を始めました。
資金は100万円で、最初はすごく調子が良く、このままいけば、資産もあっという間に倍を
こえるんじゃないの??と思えるくらいに好調でした。

最初は、まだ初心者という事もあり、うまくいっても自分の毎日の目標金額に達成すれば
その日の取引は終了していました。

しかし、人間は欲が出るもの。
うまくいけばいくほど、もっと稼ぎたい!!と思うようになり、次第に株に没頭するようになってしまいました。
そうすると不思議なもので、だんだんとうまくいかなくなったのです。
あれだけ毎日調子が良かったのに…と思うと、まだもう少しがんばったら、取り戻せるんじゃないかなと思って、続けてしまうのです。
まさにパチンコと同じ、ただの「ギャンブル」になっていました。

最初は資産を増やす目的だったのが、どんどん減ってきて、最初の投資金額の100万をきってしまいました。
さすがにやばいと思ったのですが、その時は冷静な判断ができずに、「株で失った財産は株で取り戻す!」と思っていました。

それから、追い打ちをかけるように、伝説の「ライブドアショック」が私を襲ったのです。
その日、何もわからずに、パソコンを開いたとたんに、目の前が真っ暗になりました。
自分の保有している株が、すべて急落しているのです!!
どうしたことかと思い、調べてみると「ライブドアショック」で、ほとんど全てといっていいくらいに、全銘柄が急落していました。

今では、ニュースとは関係のない株だったら、時間がたてば戻るだろうという判断はできるのですが、
その時はまだ初心者で、焦っていたという事もあり、すべて損切りしてしまいました。
ここで、投資金額は半分近くになってしました。 
あの時のショックは、今でも忘れられません。
せめてもの救いは、まだ信用取引などをしていなかったことです。

それから、またデイトレをしていたのですが、すこしは慎重になったものの、まだ資産は元の金額にも達していません。
そして今では、デイトレは完全に辞め、長期での保有で株を持っています。
それも塩漬け状態ですが・・・
でも配当や、株主優待がついてくる銘柄なので、少しの楽しみはあります。
細々ですが、私にはこっちの方が合ってるような気がしますが、それなら最初からこうすればよかった…と今更ですが、後悔しています。
でも、資産がまだ残っているだけいいかなと思うようにして、日々頑張っています。
posted by かーぶ at 14:24| Comment(0) | 株の体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

株で勝っている時はいつでもお金がありましたね

株の成功体験はありますが、基本的には負けているとしか言えないのが株の世界ですね。
大きなお金を持っている人の方が、強いのは当たり前のことですね。

私の場合は、300万円のお金を元手にして、株を始めました。
その時は株を買って放置しておくような買い方だったのですが、株がマイナスになっているのを見ると、次第に信用取引をするようになって、会社にいても株のことばかり考えるようになりました。

デイトレをしていると、危なく会社を辞めてデイトレーダーになろうかと考えるほど、勝てる時期が続いていたし、しかも毎日定期的に勝てるようになっていてので、本当に調子に乗っていましたね。

しばらく勝ちが続いていくと、金銭感覚が麻痺しだして、1万円プラスでは納得出来ないようになって、どれだけ一回のトレードで稼ぐことが出来るのか、という自己満足な世界に取り込まれて行きました。

最大で1日の1回のトレードで5万円の利益を出すこともありましたが、信用取引で100万円以上する株を買って利益を出していました。
そんなことをしていると、当たり前ですが損をする時にはそれだけの損失が出るということです。

1週間で20万円から30万円の損失を出すことがほとんどになり、トレードというよりも本当にギャンブルと言った感じになっていました。
救いはプラスになっている時に引き出していたので、かなりの金額を財布の中に入れていました。
それでも損失の方が大きかったですね。

勝っている時に、プレゼントとしてビトンの財布をプレゼントしました。
財布の中には常に10万円のお金が入っている感じで、いつでもブランド品を変える状態だったので、負けているのにさらにお金を使うという、かなりの悪循環に陥っていました。

最終的に証券会社での損失が大きくなって、借り入れ残高がなくなって信用取引が出来ない状態になってきました。
怖いのは取引が出来ないだけではなく、マイナスが膨らんでいたことです。
幸いにして少しのお金が残りましたが、株で稼ぐと思うのであれば、本当にプロにならないといけないということでしょうね。

お金は誰もが欲しいと思っているので、株を買って自動的に上がっていくのであれば、誰でも儲けることが出来ます。
お金を持っている人は、株の動きを見て、手持ちの株を売ったり買ったり、本当に些細なニュースにでも聞き耳を立てているのです。
完璧を目指さない限り、株で勝つというのは難しいでしょうね。
株をする時は、自分の力量だけは知っておきましょうね。
posted by かーぶ at 14:23| Comment(0) | 株の体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。